2009年09月24日

保健所に連れて行かれる子

ちょっとショッキングな話(動物の生き死にの話)もあるので、
ちょっと遠慮したいと思う方はスルーしてください。



昨日のこと。
お風呂からあがって、テレビ(ニュースJapan)をつけたら
十数匹の犬が狭いところに入れられ、
ガスを注入され、殺処分される映像が映っていた。もうやだ〜(悲しい顔)

犬たちが外に出たがり騒ぎ、そして最後には折り重なるように動かなくなる映像。
中にはまだピクピク動いてる犬も・・・。バッド(下向き矢印)

こういうことが毎日行われていることは知っていた。
正直、見たくなかった。

でも、私はテレビを消したり、チャンネルを変えたりすることができなかった。

なぜか見なくてはないような気がして・・・。

テレビをつけたその瞬間にそれが映っていたことに何か意味があるような気がして・・・。

苦しくて、涙がでた。

でも、犬たちの苦しみはそんなもんじゃない。

実はぼんたも、この運命をたどるかもしれなかった猫。

ペットショップで種オスとして生き、必要がなくなったから保健所へ連れて行かれるところを保護された。

保健所へ持ち込みは迷い子とは違い、即殺処分なんだそう。バッド(下向き矢印)

ぼんたは、あの映像と同じような状況になってたかと思うと、胸が張り裂けそうになる。台風

今、ここにいてくれて、スヤスヤ寝てくれているだけでよかったと思う反面、
それ以上に失われていく命があることも忘れてはいけないと思っている。

私に何ができるかわからないけど、
できることから少しずつやっていきたいと改めて思った日。手(グー)

ちょっと重い話になってしまいました。
なので、この後、楽しい記事をあげる予定です。


私のブログを見てもらって、こんなに楽しい生活もあるんだということ。

ちょっと大変なこともあるけど、こうやって乗り越えたんだよってことが伝えられれば、
ちょっとめげそうになってても、また、頑張ろうと思う人もでるかもしれない。

そんな気持ちでブログを書いていこうと思います。


posted by mameko at 22:50 | Comment(3) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。